0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ロボットのシロー

¥1,320 税込
商品コード: robot-book
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
絵本の内容
「これは、とおいようでちかい、みらいのふしぎなものがたり。
ここは、ロボットおうこく。ロボットとにんげんが、なかよくくらすせかいです。
ロボットおうこくでは、めいれいひとつでロボットやきかいたちがなんでもしてくれます。」
 
物語の冒頭の一節にあるとおり、遠いようで近い未来の不思議な物語です。
ロボット王国の王子として生まれたシンは、父や祖父をはじめとした、歴代の王たちの功績に憧れ、自分も立派な王になると誓います。
そんなシンに遣えるロボットのシロ―には、実は大きな秘密があるのでした。シンが自らの志を忘れてしまった時に、ロボットのシロ―に異変が起こって…ロボットのシロ―に隠された秘密とは、一体何なのでしょうか。


物語のモチーフ
佐賀県伊万里市で親の代から設計事務所を営む方をモチーフにした物語です。
ロボットやAIの発展は目覚ましく、遠いようで近い未来に、ロボットと共生する時代が本当に訪れるかもしれません。
そんな時代になったとしても、変わらない人の「あり方」はなんなのだろうか、というところをテーマのひとつとしました。
ロボットが登場する絵本ですが、「メカっぽさ」はあまり感じません。モチーフになって頂いた方の顔が、柔らかなタッチでかわいらしいロボットとして描かれている「木になる絵本屋さん」の創作を始めるきっかけになった最初の作品です。

カテゴリ一覧